MENU

導入で失敗しない!ペーパータオルのメリット・デメリットを全紹介

ペーパータオルは、手を拭くだけでなく料理や掃除など、さまざまな用途に活用できます。一方、自分の目的に合っているかわからず、導入すべきか悩むことがあるかもしれません。

本記事では、ペーパータオルのメリット・デメリットについてまとめました。導入で失敗しないためにも、ぜひ参考にしてください。

衛生対策の強化をお考えですか?もし手拭きのツールとして検討しているなら、ハンドドライヤーの導入がおすすめです。

ハンドドライヤーは非接触で手を乾かせるうえ、在庫管理や廃棄コストなど必要としません。

当サイトでは、導入で失敗を防ぐための知識を資料にまとめています。資料は無料なので、興味がおありでしたら以下のボタンから気軽にダウンロードしてみてください。

目次

ペーパータオルを使用する3つのメリット

ここで、ペーパータオルを導入する際に知っておきたいメリットを紹介します。

ペーパータオルを使用する3つのメリット
  1. 導入コストを抑えられる
  2. 使い捨てで衛生的に使用できる
  3. 手拭き以外の用途に利用できる

では、それぞれを見ていきましょう。

メリット1.導入コストを抑えられる

ペーパータオルは、導入コストを抑えられることがメリットです。導入時に準備するのは、以下の3つだけです。

  1. ペーパータオル本体
  2. ペーパーホルダー
  3. 廃棄用のゴミ箱

例えば、ペーパータオルの価格は、1袋100円~300円ほどです。ゴミ箱なら、100円ショップで購入することもできます。

また、スーパーやドラッグストアなどで販売されているため、購入場所に困ることもありません。誰でも気軽に導入できる点は、まとまった導入コストを必要としない消耗品ならではのメリットです。

メリット2.使い捨てで衛生的に使用できる

使い捨てで衛生的に使用できることも、ペーパータオルの特徴です。布製のタオルやハンカチとは違い、常に新しいものを使用できます。

他の利用者との共用もないので、感染症対策や衛生対策に効果的です。また、布製のタオルやハンカチの場合、菌を増殖させないためにはこまめな洗濯が必要になります。

ペーパータオルは使い捨てのため、菌の増殖リスクが低く洗濯の手間を省き管理も簡単です。

メリット3.手拭き以外の用途に使用できる

ペーパータオルは、手拭き以外の用途でも利用可能です。料理や清掃などさまざまなシーンに使用できるため、汎用性が高い特徴があります。

料理の際に水分を吸い取ったり油汚れを拭き取ったりするだけでなく、消毒液を染み込ませ家具を除菌したりと用途は広がります。

また、手拭き以外の用途に利用した場合でも、使い捨てのため布巾などに比べて気軽に使えて衛生的です。

ペーパータオルを使用する4つのデメリット

衛生対策に有効なペーパータオルですが、デメリットもあります。ここで、ペーパータオルを使用する際の4つのデメリットについて紹介します。

ペーパータオルの4つのデメリット
  1. 補充や在庫管理などのコストが必要になる
  2. 手洗い回数に比例して購入費用が増加する
  3. 廃棄コストが膨らみやすい
  4. ペーパータオルの汚染に気が付きにくい

では、それぞれについて詳しく紹介します。

デメリット1.補充や在庫管理などのコストが必要になる

ペーパータオルは、補充や在庫管理などのコストが必要です。

導入コストがかからないペーパータオルは気軽に使えるため、利用する枚数を把握していないと、補充のタイミングが難しくなります。

家庭ではもちろん、施設などではたくさんの人が利用します。利用人数や使用枚数の把握ができなければ、在庫の管理方法に悩まされるかもしれません。

また、施設の場合は、補充のタイミングを確認する必要があり、人的コストの確保も課題となります。

デメリット2.手洗い回数に比例して購入費が増加する

2つ目のデメリットは、手洗い回数に比例して購入費が増加することです。感染を防ぐためには、こまめは手洗いが必要です。

手洗い回数が増えれば、ペーパータオルの利用頻度も高くなります。とくに、たくさんの人が集まりやすい施設では、衛生対策を強化するために手洗いを推奨しています。

手洗いを徹底するほど、購入費が膨らむことが避けられません。

デメリット3.廃棄コストがふくらみやすい

手洗い回数が増えると、廃棄するペーパータオルの量も増えるので廃棄コストの確保が重要です。ゴミ箱からペーパータオルがあふれていると、衛生的な印象が無くなり利用者が不快感を覚える恐れもあります。

また、ゴミ箱を設置するとペーパータオル以外のゴミが廃棄されるケースもあり、ゴミの分別など管理コストも発生します。

衛生対策を強化するために、ペーパータオルを導入したが想定外の廃棄コストに悩むケースもあるので、注意が必要です。

デメリット4.ペーパータオルの汚染に気が付きにくい

ペーパータオルは使い捨てなので、衛生的という意識があります。布製のタオルやハンカチと比べても、菌が増殖するリスクは少なく衛生的です。

ただし、据え置き型のペーパーホルダーを設置した場合、触れた状態の手をペーパータオルの上にかざす状態になり、未使用のペーパータオルを濡らしてしまう恐れがあります。

次の利用者がペーパータオルを利用する際には、すでに乾燥してしまい水滴が飛んでいるとは気が付きません。ですが、汚染されている可能性もあるので注意が必要です。

ペーパータオル選びで確認すべき8つのチェックポイント

ペーパータオル選びで確認すべき8つのチェックポイント
  1. 形状
  2. サイズ
  3. 質感
  4. 吸水性
  5. 取り出しやすさ
  6. 破れにくさ
  7. コスト
  8. 廃棄方法

ペーパータオルを選ぶときには、コストの他にもチェックすべきポイントがあります。自身の使用目的を明確にし、形状やサイズ、質感なども考慮しましょう。

使いやすさのためには、吸水性や取り出しやすさだけでなく、破れにくさも重要です。長期的に利用することも考え、コストや廃棄方法についてもチェックしておくのがおすすめです。

なお、自分に合ったペーパータオルを見つけるためのポイントを以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

手洗い後の衛生対策を強化するならハンドドライヤーの導入も有効

手洗い後の衛生対策を強化するならハンドドライヤーの導入も有効です。パーパータオルは、導入費用のコストを抑えられ、利用者に衛生的な印象を与えるなどのメリットがあります。

ただし、手洗いを目的として長期的に運用するのであれば、以下のようにハンドドライヤーのランニングコストが低くなります。

利用期間①ハンドドライヤーの費用②ペーパータオルの費用①と②の差額
1日25.5円540円+514.5円
1ヵ月765円16,200円-15,435円
1年9,180円194,000円184,820円
5年45,900円972,000円-926,100円
※商業施設で1ヵ月使用(利用回数300回/日)した場合

もちろん、コストがすべてではありません、ですが、長期的に運用するのであれば、予算を圧迫しにくい選択をすることも重要です。

なお、ペーパータオルとハンドドライヤーの比較ポイントについては、以下の記事でまとめていますので、合わせてご一読ください。

ペーパータオルやハンドドライヤーの導入で失敗を防ぐ4つのコツ

衛生面を強化するために、ペーパータオルやハンドドライヤーの導入を検討するときに知っておくべき、失敗を防ぐ4つのコツがあります。

ペーパータオルやハンドドライヤーの導入で失敗を防ぐ4つのコツ
  1. 利用者像を明確にしておく
  2. 設置場所で利用者がストレスを感じないかイメージする
  3. 利用回数を把握する
  4. 廃棄やメンテナンスに発生するコストまで想定しておく

では、それぞれ詳しく解説します。

コツ1.利用者像を明確にしておく

利用者像を明確にしておくことは重要です。利用者にとって使いやすいものを選択できれば、満足度アップにつながります。

具体的には、以下のように利用者を想定してみましょう。

利用者対策
子ども・車いす利用者目線が低いので、手が届く位置に設置する
高齢者握力が弱くても使いやすいものにする

もちろん、設置場所によって想定できる利用者像は変化します。自分が使いやすいものではなく、想定できる利用者にとって使いやすいものを選ぶことがポイントです。

コツ2.設置場所で利用者がストレスを感じないかイメージする

設置場所で利用者がストレスを感じないかイメージしてみましょう。例えば、このようなケースを想定してストレスなく利用してもらえるように対策を考えます。

利用シーン不具合対策
1人用トイレにハンドドライヤーを設置標準タイプでは、トイレ内が狭くなり、利用しづらいコンパクトタイプのハンドドライヤーの設置や壁掛けのペーパータオル
子どもや車いす利用者も利用する子どもや車いす利用者の目線に合わせた設置では、大人が使いづらい子どもや車いす利用者目線の設置と大人目線の設置、両方を行う

使用シーンによって、ハンドドライヤーかペーパータオルどちらが良いか検討が必要です。ストレスを感じないかイメージして設置を行うと、手洗いを促すことにつながり、衛生対策に効果的です。

コツ3.利用回数を把握する

家庭でも、施設でも利用者の人数や使用枚数を考慮してランニングコストを計算してみましょう。利用回数を把握すると、必要な在庫の数や長期的なランニングコストがはっきりします。

具体的には、利用回数の把握以外にも以下のように、複数枚使用する可能性や人件費なども考慮します。

  • 1人が1枚使用する枚数
  • 在庫管理や補充を行う人件費を考慮する
  • 在庫の保管場所の確保

1人が1枚使用するとは限らず複数枚使用することもあります。このようなポイントも確認しておくと、必要な在庫数や長期的なランニングコストを明確にできます。

コツ4.廃棄やメンテナンスに発生するコストまで想定しておく

ペーパータオルを設置した場合には、廃棄やメンテナンスに発生するコストまで具体的に想定しておきましょう。

具体的に想定しておかないと、廃棄やメンテナンスにかかるコストが想定外に膨らみ、予算オーバーしてしまう可能性もあります。

例えば、下記のようにゴミ箱の購入や人件費、廃棄にコストが発生します。

  • ゴミ箱の設置
  • ゴミ箱の使用済みペーパータオルの回収
  • ゴミの廃棄費用

在庫管理と同じで、購入や廃棄、管理にかかる人件費のコストも想定して、予算オーバーになるのを防ぎましょう。

長期的に衛生対策するなら吸引式ハンドドライヤー「CIRCULA」

衛生対策を強化するなら、吸引式ハンドドライヤー「CIRCULA(サーキュラ)」がおすすめです。CIRCULAは、吹き付けた風や水滴を吸引して手を乾燥させます。

ハンドドライヤーから菌やウイルスが飛散されることを防ぐため、エアロゾル感染の防止対策に効果的です。また、ペーパータオルよりもハンドドライヤーの方が、ランニングコストを抑えられます。

さらに、ペーパータオルの補充やゴミの回収が不要なため、メンテナンスの負担も減らせます。

もし長期的に衛生対策をおこなうのであれば、利用者が快適に使えるだけでなく、清掃スタッフの負担を軽減することも重要です。

できるだけランニングコストを抑えた衛生環境の整備をお考えでしたら、まずは以下のボタンからお気軽に資料をご覧ください。

ペーパータオルやハンドドライヤーで衛生対策を強化しよう

あらためて、本記事の内容をまとめます。

本記事のまとめ
  1. ペーパータオルにはメリット・デメリットがある
  2. 目的に合わせて選ぶことが重要
  3. 衛生対策を強化するならハンドドライヤーの導入も有効

ペーパータオルの使用にはメリットもありますが、デメリットも存在します。導入する際には、長期的なランニングコストも考慮して検討しましょう。

衛生対策を強化したい場合は、ペーパータオルだけでなくハンドドライヤーの導入も検討してみましょう。

当サイトでは、ハンドドライヤーの導入で失敗を防ぐために知っておくべき知識を無料配布しています。興味があれば、以下のボタンからお気軽にダウンロードください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる